ワードプレスを始めたい!超初心者向けにざっくりと流れを説明します。

そんな方が増えています。

ワードプレスの導入のために必要なことをざっくりとご案内します。必要なものが分かっていれば、いざ始めるのも安心ですよね。

全くのゼロの状態からスタートしてみましょう!

1)レンタルサーバーの契約をする

ワードプレス自体は無料ですが、ワードプレスのHPデータを保管するWEBサーバーをはじめに用意する必要があります。

まずは、レンタルサーバーの契約をします。

ロリポップ(安い)」「さくらサーバー(安心)」「Xサーバー(高性能)」が有名です。(カッコ内は、私の所感)

私は長年さくらサーバーにお世話になっておりまして、同じものを使った方が指導しやすいことと、安心なこともあり、クライアントさんにもさくらサーバーをご紹介しています。

さくらサーバーなら、スタンダード以上のプランで登録してください。

あと、どのプランでも同様ですが、「Wordpressができる」って書いてあるプランで登録を。

最安のプランだと、メールボックスだけとか、ワードプレスに対応していないものもあります。

では、いざ登録。

どのサーバーを登録するにしても、基本的には以下が必要です。

  1. 登録するメールアドレス
  2. 支払クレジットカード(振込などもありますが、クレカがやっぱり便利)

基本的な登録情報を入力していけばOK。

サーバー登録ができたら、コントロールパネル(ダッシュボード)のページがひらけるようになります。

サーバーの各種設定ができるトップページのようなものです。ここから、ワードプレスの設定をしていきます。

2)新規データーベースの作成

これ以降は基本的にさくらサーバーでいつも私が設定している順番にご説明します。

他サーバーだとちょっと違うところもあるかもしれません。

ワードプレスは「データーベース」というものを作成して、そこに投稿データなどを保管していく仕組みになっています。

なので、データーベースというものを作成します。

データベース作成方法は、サーバーごとに異なると思うので、とりあえず割愛します。

まずは流れを知るのが今回の目的。

3)ワードプレスをインストール

データベースの設定ができたら、ワードプレスをインストールします。

WordPressを使う人が増えてきているので、どのサーバーも「カンタンインストール」のような案内があるはずです。

さくらサーバーの場合は、クイックインストールのページから、Wordpressのインストールが可能です。

インストールしたら、流れに沿って基本情報を入れていきます。

ブログタイトルとかはいつでも変更可能なので、深く考えなくて大丈夫。

ユーザー名は変更できなかったはず。メールアドレスとパスワードは、変更可能です。

ユーザー名とパスワードを入れたら、まずは完成。

ワードプレスのダッシュボードに入ることができます。所謂、管理画面。

ここまで来たら、次はどんなページをつくるかを考える作業に入ります。

4)どんなページをつくりたいのかを決める。

ココが、一番の難所。

クライアントさんのご希望ややりたいことを聴きながら、ページの構成を考えます。

一人でつくるなら、「ブログ型」なのか、「ホームページ型(企業のHPのようなコーポレートサイト型」なのかをざっくり決めましょう。

自分の理想とするブログやHPをいくつかピックアップするというのもGOODです。

まずは、どんな感じのページに仕上げたいのかを考えておきます。

5)テーマを選ぶ

ワードプレスの見た目を決めるのが、「テーマ」というデザインテンプレートのようなものです。

デザインだけでなく、記事の書きやすさとか、機能、SEO対応など、細かい部分にも手が届いているものもあり、見た目以外にも検討項目がいろいろあります。

テーマについてはいろいろオススメなどもピックアップしているので、別にご紹介するとして、

とりあえずテーマを選ぶとワードプレスは見た目も使い勝手もガラッと変わる、と覚えておきましょう。

自分でカスタマイズなども作業をしたいのか、更新だけできればいいのか、運用方法によっても選ぶテーマが異なってきます。

HPデザイン会社などに制作依頼をすると、カスタマイズしやすい基盤となるテーマを選定して、その上にデザインをしていくという感じになることが多いかと。

私は、ある程度クライアントさんが事後の作業をしやすいことを検討して、テーマの選定をしています。

6)外観カスタマイズ・ウィジェットの設定・その他基本設定

自分が目指すページを仕上げるために、どんどん創り上げていく作業。

導入したテーマに合わせてカスタマイズなどの初期設定をしていきます。

ここにTwitterいれたいのよね。とか、

ここに最新記事載せたいな、とか、考えます。

そうすると、選んだテーマで足りない機能が見つかったりします。

ちょっとここ使いづらいな~ってのが見つかったらプラグインで解決できるかを考える。

もう、テーマの設定で致命的に変更できないとか、変更が面倒だとか、そんなときは戻ってテーマを変えるのも一手です。

7)プラグインの設定とか導入

プラグインはスマホで言うところのアプリみたいなやつ。

いろんなプラグインが開発されていますが、その分、珠玉混在。スマホアプリも一緒よね。

同じ機能でも、評価が高い、使っている人が多い、安心できるプラグインを使った方がいいです。

テーマによって、推奨プラグインが公開されているものもあるので、チェックしてインストール&有効化していきます。

たくさん入れるとわけわからなくなるので、私はシンプルに必要最低限が良いと思います。

8)メニューの設定・カテゴリーやタグの設定

外枠(デザイン)の構成が大体できてきたら、内側(記事)の構成へ。

どんなカテゴリーで記事をまとめるのか。

トップのメニューにはどんな順番で、何を載せるのか。

そんなことを考えながら、メニューやカテゴリーを設定していきます。

もちろん、後で修正も可能だけど、いっぱい記事書いた後に内部構成変えるのってしんどいので、最初にある程度は想像した方が良いかと。

記事を入れる箱(カテゴリー)がそろったら、準備は完了です。

じゃんじゃん、記事を書こう!

ワードプレスは記事が命!

記事無くしては何にもならないので、ジャンジャン書きましょう!


ざ~っくりと全体の流れを書きましたが、イメージは沸いたかな?

用語集などもつけて、テキストにまとめたい内容だわ。