インスタグラムの連携投稿の写真をTwitterでも表示させる方法

Instagram(インスタグラム)使ってますか?

Instagramで便利なのが、投稿の連携機能。Instagramで投稿した写真を、FacebookやTwitterに同時投稿することができます。

ただ、通常の連携投稿だと、TwitterにはURLリンクのみが表示されて、写真が表示されませんよね。

今回は、Instagramで投稿した写真を、そのままTwitterでも表示させるようにする設定をご紹介します。

これで、インスタ⇒Facebook&Twitterの投稿が1度で完了することになりますよ^^

1)「IFTTT」に登録する

まずはIFTTTのページへ行ってみましょう。

Discover IFTTT and Applets – IFTTT

スマホからだとアプリもあるようですが、私はパソコンからWEBページ上で設定しましたよ。

もちろん、スマホからでもアプリダウンロードせずにWEB上で設定できます。

アカウント登録する必要があるので、メールアドレスを入力するか、FacebookやGoogleとの連携でログインします。(ワタシハFacebookから)

2)Instagramの投稿写真をTwitterにも表示するアプレットを探す

このIFTTTでは、FacebookやTwitter、Instagramなど有名どころのSNSやWEBサービスの相互連携のアプリ(アプレット)がたくさん公開されています。

目的の、「InstagramとTwitterの写真連携」をするアプリはこちら。

Tweet your Instagrams as native photos on Twitter

たくさんのアプリがあります。ビデオの連携などもありますね。

上記のリンクを押すか、目視wで探してください。

あとは、こちらのアプレットの設定をするだけです。

3)写真投稿を連携するための設定をする

このように、ボタンをクリックして「On」にするだけ!

InstagramとTwitterの連携確認が出てきますので、こちらも承認したらOKです。

Twitterのほうは、こんな感じの承認画面でした。

承認ができたら、試しにInstagramで投稿して写真がTwitterにも掲載されるかチェックしてくださいね。

もちろん、投稿画面でTwitterの連携を入れることをお忘れなく。

IFTTTのアプレットはたくさんあって、特定のタグをつけた写真のみTwitterで表示などもできるようで。

興味がある方は、ぜひ他のアプレットも試してみてくださいね~。

私はシンプルに単純連携でやってます^^